家具・インテリア会社向けUrbabase Studio活用提案

想像上の空間を可視化する、新しい顧客体験の提供

家具・インテリア製品を購入する際、たとえ製品単体であっても、空間全体のコーディネートの検討が必要です。

例えばソファを購入する場合、ソファのデザインだけでなく、ソファを設置するリビング全体の雰囲気やサイズ感なども重要となり、製品の選択に悩むことは一般的です。

実店舗・ECサイトの情報や口コミなどを見て情報を収集することはできますが、実際に住む家に配置することはできず、ほとんどの人が頭の中で想像することにとどまります。

そこで、3D空間シミュレーターを活用することで、顧客が購入したい製品を実際の部屋を元に再現した3D空間上に配置しながら、想像していたものを可視化することが可能です。

Urbanbase Studioによって新しい顧客体験を提供することで、購入意思決定に大きな効果を得ることができます。

資料:URBANBASE、[Base:全回答者、N = 500、単回答]

VR・ARでのサービス強化が進む家具業界

近年、家具業界では仮想・拡張現実(VR・AR)と3D技術を活用し、店舗や自宅でもインテリア製品を仮想体験して購入できるサービスの導入が進んでいます。

家具およびインテリア用品小売業の国内最大手である株式会社ニトリでは、Urbanbase Studioを導入し、3Dシミュレーターを活用したインテリア相談サービスを提供しています。

3D空間シミュレーションは、顧客との接点を増やし、顧客体験を向上させます。

導入事例はこちら

顧客の想像の具体化・空間全体のコーディネート提案による売上拡大

実際の住居でのシミュレーションを通して、サイズを事前に把握したり、他の家具とのバランスを確認できるため、購入に対する不安が解消され、確実に購入へと繋げます。

それだけでなく、空間全体をコーディネートし提案することでまとめ買いが促進され、顧客単価の向上が見込めます。

低コストで導入可能なクラウドサービス

SaaS型サービスのため、Webブラウザからアクセスするだけで使用でき、特別なハードウェアやソフトウェアのインストールは不要です。

全ての機能がPCとネット環境があればどこからでも利用できるため、導入ハードルが低いです。

販売員や顧客自身でも簡単に使用できるシンプルなUI

直感的な操作性で誰でも簡単に扱えるため、特別な知識がない人でもすぐに使用することができます。

そのため、各店舗のスタッフが接客しながら、その場でお客様の部屋を再現した3D空間でコーディネート提案をしたり、お客様が来店せずとも、オンライン上で気軽にインテリア相談を実施することが可能です。

さらに、Webサイト上にシミュレーターを公開することで、お客様ご自身でインテリアシミュレーションを行っていただくこともできます。

オリジナル製品を3D化、ARでの二次利用も可能

シミュレーター上で使用する3Dモデルは、実際に販売している商品を再現し、オリジナルで作成することも可能です。

既に製品の3Dファイルを保有している場合は、簡単な変換で直接アップロードでき、材質や色などの製品スタイルも登録と管理が可能です。

作成した3Dモデルは単体で使用し製品画像を撮影したり、アプリを通じてARとして実空間に試し置きすることなど、様々な二次利用が行えます。

リアルタイム見積もり機能で予算に合わせた提案

オリジナルで作成したアイテムに、金額情報を登録することで、3D空間に配置したアイテムはリアルタイムで見積書に反映されます。

予算に合わせて、顧客にとって現実的に購入可能なコーディネートを提案することができるため、通常のオンラインショップに比べてより商品の魅力を伝えることが可能です。

Urbanbase Studioの概要

Urbanbase Studioは不動産・住宅・インテリア業界向けの3D空間シミュレーションサービスです。直感的な操作で、3D空間の再現から家具・家電の配置、内装材の提案などを実現。空間のシミュレーションからレンダリングイメージやパノラマVRの作成までを、全てブラウザ上で完結します。

Urbanbase Studio

Other Examples